箱に書かれている数値の意味は?スペック情報の読み方

直接レンズに関係している数値

カラコンを購入した時に書かれている箱には様々な数値が書かれているのですが、その中にはレンズそのものの情報が書かれているものがいくつかあります。
例えばDIAはレンズの直径のことで、数値が大きければ大きいほどレンズが大きいという意味を示しています。販売されているレンズの大きさは4種類あるので、自分の目の大きさに合わせてDIAも確認する必要があるのです。またBCはベースカーブの略称で、レンズ内面のカーブの大きさに該当します。これを確認することで自分の角膜の形に合わせることができ、数値が小さければ小さいほどカーブがきつくなるようです。
ほかにも製造番号であるLOTや使用期限であるEPX、そしてレンズの中心の厚さであるCTが挙げられます。

視力などに関係している数値

カラコンにはレンズに関係する情報以外にも、使用する人の視力や視覚に関係する情報も記載されています。中でも近視や乱視に関係する数値がいくつか記載されているようで、SPHやCYL、AXが該当しています。
SPHは近視度数のことで、コンタクトの度の強さを示しています。これが記載されているということは度入りのカラコンであるという意味にもなるので、度なしのカラコンが欲しい場合はSPHが記載されていないものを購入する必要があるのです。同じく度数に関係しているのがCYLで、こちらは乱視度数を示す数値になっています。
AXは乱視軸と呼ばれる、乱視の目の角膜の潰れた形の方向を数値化したものです。よくわからないという場合には眼科に相談して、自分がどの数値に当てはまるのか確認しておく必要があります。